前話「The Beginning 3」

~2013年9月某日 パラ宿 プリズムストーン~

前回までのシャオパラ!


・・・って、前回読めば分かるだろって!?

そんなぁ~、今流行りの「ラブライブ」でお馴染み、「前回までのラブライブ!」を一度でいいからやってみたかったんですよ!いいじゃないですかぁ~!

あ、ちなみに小生は『東條希ちゃん』が一番好きですな~。

・・・冗談はこれくらいにしまして。

前回、「小生」は地球の文化の1つである「アイドル」を体験してみたいと考え、現在居候中の「四天王一族の屋敷」に住む『西菊子ミノリ殿』『キッカ殿』の協力もあって、ついにプリパラデビューへの門を叩きました。

20151118214433

現在、「小生」はこの目の前におります。

「プリパラ」入園に必須のチケットは、『キッカ殿』が作ってくれた「偽造プリチケ」

もし不正に作ったものがバレて迷惑をかけたらどうしようという不安もありますが、入園するぞ・・・!

恐る恐る「プリパラ」の入口「プリズムストーン」へと入る「小生」。

自動ドアを抜けた先には、たくさんの洋服が展示されている広間が現れました。

その中では、洋服を見て「このコーデ欲しい!」と話し合っている子達や、自分に似合うのかどうかを考えている子などで賑わっておりました。

これが「アイドル」に憧れる女の子達ですか。

なんて素敵な光景なんだろう!

「小生」は、「プリズムストーン」の様子に惚れ惚れしつつも、「プリパラ」に入園するため受付に向かいます。

20150912005053

「いらっしゃいませ。プリズムストーンへようこそ」

はたまた、「人ならざる者」と「小生」は出会いました。

この地球にも、「人ならざる者」はたくさんいるのだなぁと少し驚きが隠せませぬ。

無機質な喋り方、生気があるようでまるで感じられない出で立ちはまさに「システム」そのもの、といった印象を受けます。

一応事前にアイドルについて調べていたので、「小生」はこの方が何方なのかも存じております。

---『赤井めが姉ぇ殿』、ですな?

「プリパラ」の案内人、『赤井めが姉ぇ殿』。

この「プリパラ」の入口「プリズムストーン」の受付を担当する他、「プリパラ」内の至る所でたくさんの『めが姉ぇ殿』が働いている所が確認されているとか。

どうやら、「プリパラ」内のシステムデータが具現化している存在だと噂には聞いておりますが、その詳細は一切不明とのこと。

少なくとも、お会いして「人ならざる者」であることは「小生」の肌身で感じ取りました。

今の目的は「プリパラ」のシステムについて調べることではないので、謎は謎のままにしておくとしましょう。

「はい、そうですね。」

---「小生」、初めてプリパラに来たのですが・・・

「でしたら、貴方に似合うコーデをお探ししますね」

『めが姉ぇ殿』はパソコンで「小生」のデータを入力していきます。

「貴方にはキュートなコーデがお似合いね。トゥインクルリボンなんてどうかしら?」

『めが姉ぇ殿』が「小生」のデータを照合した結果、似合うコーデが見つかったようであります。

「はい、これで登録完了です。
奥にあるゲートにプリチケをスキャンしてね。」


---ありがとうございまする!『めが姉ぇ殿』

準備は出来た。

ついに「偽造プリチケ」をスキャンする時が来たわけでありますが・・・

やっぱり不安ですなぁ。何かあったらどうしたもんだ、と。

でも迷っていてもしょうがない!

チケットを入口のゲートに差し込みまして、そのままダーイブ!

20170519085001

プリパラチェンジ、

20170519085047
20170519085055

完了ッ!

20170322012018

・・・・・・・・・は、入れた!

『キッカ殿』の理屈通り、「小生」は「プリパラ」に入ることが出来ましたぞ~!

~1時間後 プリパラ内~

入園してから約1時間。

「小生」は「プリパラ」内をざっと歩いて見渡していました。

テーマパークというだけあって、様々な施設で入園者を楽しませてくれます。

リアルマネーを使用する場所もあったりして無一文の「小生」には楽しめない・・・ということもなく!

事前に『キッカ殿』から「『お父様』からお小遣いだよ~」と1万円ほど頂いていたので実は何とか楽しめております。

メリーゴーランドや洋服屋や喫茶店などなど、「小生」の知らない文化がたくさんでありました。

ああ、もっと色んなお店を回りたいなぁ・・・って違ぁぁぁぁぁぁぁぁぁう!

なんで「小生」がここに来たのか、その目的を完全に忘れておりましたぞ!

「アイドル」になりたくてここに来たのではないですか!

遊園地で遊ぶ女の子がしたかったわけではありませぬ!いやそれはそれで面白かったけど!

思い出したら即行動だ!

「アイドル」としてライブをするため、ライブ会場に向かいますぞ!

~プリパラ ライブ会場受付~

「ライブのエントリーは、最低2人以上いないと出来ません。」


---そんな!『めが姉ぇ殿』、そこをなんとか出来ませぬか!?

「システムですからー」


『めが姉ぇ殿』から告げられる無慈悲な言葉。

どうやら、1人でライブにエントリーすることはできない決まりになっているのでございました。

理由としては、ライブ希望者が多数のため、少しでも多くの方がライブをする時間を確保するための措置とのこと。

これは予想外。

「小生」が調べていた時には、このような決まりがあるなど知りもしなかったのです。

最近になって追加されたルールなのでしょうかね?

「プリパラ」の人気は、瞬く間に上昇傾向にあるということのようですな。

折角ここまでトントン拍子で来れたというのに・・・世の中そう甘くはないということですなぁ。

どうしたものか、と一回ライブ会場を後にして辺りをウロウロ回っております。

まだ閉園まで時間は大分あるんだ。

一回頭を冷やしてどうするべきか考えるとしよう。

そんなことを考えながら「小生」は、「ゲームコーナー」と大きな文字で書かれた看板に目を奪われました。

数週間前、「四天王一族の屋敷」の中で暇を持て余していた『キッカ殿』『イオ殿』の二人に誘われ、「小生」は『超鋼戦紀キカイオー』というテレビゲームで遊んだことがありました。

2cc3baacf855645b60d3e694ca13f7f1

アニメに負けない楽しかった思い出の1つでもあり、ゲームという文化について興味を持ったきっかけにもなりました。

「超鋼戦紀キカイオー」のプレイ中、『イオ殿』はこのようなことを教えてくれました。

「ゲームはこうしてテレビで遊ぶテレビゲームの他に、[ゲームセンター]というアミューズメント施設で遊べる[アーケードゲーム]というものもあります。
この[超鋼戦紀キカイオー]は、アーケードゲームで稼働していたものをドリームキャストというテレビゲーム機用に移植された作品なんです。
今度機会があったら、『シャリオ様』もお連れして一緒に遊びに行きたいですね。
アーケード版の[超鋼戦紀キカイオー]も、また違った魅力がありますから。」


・・・はい、素敵な解説をありがとうございました
『イオ殿』

つまり、「ゲームセンター」の存在を「ゲームコーナー」の看板を見て思い出したのです。

もしかしてここは、『イオ殿』が仰っていた「ゲームセンター」なのでは?

「アーケードゲーム」なる未知のゲームを遊べるのではないか?

その好奇心に誘われ、「小生」は「ゲームコーナー」に足を運ぶのでありました・・・!

・・・あれ?何しにここに来たんだっけ?今はまず頭を空っぽにしてゲームを楽しもうぜ!ヒャッハー!

~プリパラ ゲームコーナー内~


ゲームコーナーの中は、見たこともない機械の数々が広い部屋に敷き詰められておりました。

そんな中でも一際「小生」の心を奪ったのが、ミディアタイプのゲーム機でございます。

テレビのモニターのような筐体の前に椅子があり、そこに座ってモニターの下にある投入口にお金を入れることで遊ぶことが出来るゲーム機のようですね。

そんなゲーム機が部屋中の壁に沿うように連なっておりました。

ゲーム機の画面からは賑やかなゲームのデモプレイが流れていて、どれから遊んでみようか迷ってしまうほど全てが魅力的に見えてしまいます。

たくさんのゲームがある中、部屋の中央にあった「新入荷!」と大きなPOPで宣伝していたゲーム機に「小生」は向かいました。

maっふうhhhlin

それがこちらの「斑鳩 for NESiCAxLive」という作品。

2013年8月8日
に入荷した新作とのことで、ちょうど「小生」が地球に初めて訪れた日と近い日にちから遊べるようになったみたいですね。

全てのゲームを遊びたいような気持ちにもなりましたが、「小生」はまずこの「斑鳩」に挑戦してみることにしました。

~1時間後 プリパラ ゲームコーナー内~

うーむ、この「斑鳩」というゲーム、中々に面白いですな。

自分の操作する斑鳩という戦闘機にはの二種類の色があり、この色の使い分けを駆使していく様は実に斬新!

しかし、一方で徹底した精密な動きを要求される場面が非常に多く、適当にプレイしているだけじゃあ全く先には進めませぬ。

何百回何千回と同じステージを繰り返しパターン化していくことを前提としたゲーム設計は、同じゲームを繰り返し遊ぶ人にはたまらないものがあるのでしょうとにわかながらの推測まで立ちました。

いや、そもそもこのシューティングゲームというジャンル自体、そういう点が魅力なのかもしれないですな。

小生はこの「斑鳩」が初めてのシューティングゲームでしたが、他のシューティングゲームも遊んでみたくなりましたな~!

・・・何か解説的な話をしてしまいましたがw

さーて、まだ一面を突破できない「小生」ですが、まだまだやり足りないのでプレイを続けますぞ。

100円をもう一度入れ・・・

「おーい、あたし後ろに並んでるんだけど?」

---あ、え、え?

「連コインはマナー違反だぞ!」

後ろから聞こえてきた、『女の子』の声。

どうやら「小生」は、何か間違ったことをしてしまったようであります。

えっと、この場合どうすれば・・・ひ、ひとまず・・・

---ご、ごめんなさい!「小生」、ゲームセンターという場所に来たのが初めてだったもので右も左も分からず・・・言い訳でしかありませぬが、本当に何も知りませんでした。これで許してください!

「小生」はそう言って、手持ちの残りのお金8765円を『後ろにいた茶髪のショートヘアーの女の子』に差し出しました。

「なんだよこの大金!?お金はいいんだよ。あたしが次遊びたいから席から離れろってだけの話」

---で、でも「小生」とても悪いことしたし、こんなことでしか償いが・・・


手に持っていたお金を差し出しすと『女の子』は尚の事戸惑っておりました。

「償いって、そこまで大それたことでもないだろ。そもそも、本当に連コインしたわけじゃねーんだし」

---え、え、え?


「そこから避けてくれればそれでいいんだ。ちゃんとマナーは守ってくれればそれでいいんだよ。あたしは曲がったことが大嫌いだからな!」

どうやら何もせずとも許してもらえたようであります。

恐る恐る離席すると、『女の子』は100円をいれて「斑鳩」をプレイし始めました。

それを後ろで見ていた「小生」ですが、『女の子』がゲームオーバーになったことを確認すると、

「次やんの?いいよ。やっぱ素直に[ブレイブルー]に切り替えておけば良かったか…」

と言ってくれて、席を離れてくれました。

そうか、そういうことでしたか。

連コイン・・・ゲーム機に連続でお金を投入しようとしたことがいけなかったんですね。

ゲームセンターは、家庭用ゲームとは違いお金を払ってゲームオーバーになるまで遊ぶ場所。

次に遊びたい人がいれば、席を譲らないといけない。

そういう仕組みになっているのですな。

いやはや、一つ勉強になりましたぞ!


---ありがとうございます!人間のルールをまた1つ学ぶことが出来ましたぞ!

「小生」は席を譲ってくれた『女の子』の両手を掴んでを止め、その場で頭を下げたのでした。

「お、おう・・・?なんかよく分かんないけど、あんた面白いな!」

---「小生」、『シャリオ』と申します!貴方のお名前は?

20170519085218

「俺はあくのアイドル、『いつき』!よろしく、『シャリオ』!」

---『あくのアイドル いつき殿』!覚えましたぞ。

「『いつき』ちゃーん!」

「おー来たかー『てんこ』ー」

すると、我々の後ろからまた1人『女の子』が現れたのでした。

どうやら、『いつき殿』とお知り合いのようですが・・・?

『もう一人の女の子』は「小生」をじーっと見つめます。

20170519085228

『いつきちゃん』のお友達?はじめまして、わたし『てんこ』です。」

---『てんこ殿』!「小生」は『シャリオ』と申します。『いつき殿』とはお友達で?

「ああ、もう一人
『ぎんが』って子がいるんだけど、その3人でユニット[Flame Silver Star]を組んでるんだ!」

答えたのは『いつき殿』でありました。

ユニット…確か、アイドルチームのことでしたな?

『いつきちゃん』、今日のライブなんだけど、その『ぎんがちゃん』が体調悪いみたいで[プリパラ]に来れないってさっき連絡が来たの」

「なんだって!?折角さっき[斑鳩]で遊んだから攻略法教えてもらおうと思ったのに!」

「そうだったの?いつもだったら、ここのネシカの[ブレイブルー]で遊んでるのに」

『シャリオ』が遊んでたの見て気になったからさー」

「それはそうと、ライブの方はどうする?お休みにしちゃう?折角やっとエントリー出来たのにお休みしちゃうの勿体無いよね。」

「う~ん・・・どうしよう・・・」

何やら2人は困り果てている御様子。

---何かお困り事でありますか?

「昨日3人ユニットとしてライブをエントリーしたんだけど、今日
『ぎんがちゃん』が[プリパラ]に来れなくなっちゃったの。
一応2人に変更することも可能だけど、折角3人でエントリーしたから3人で出たいかなーって思ってて」


ライブ・・・1人足りない・・・あっ!

ゲームセンターの魅力に取りつかれて完全に忘れていましたが、今更ライブエントリーできなくて困ってたことを思い出しましたぞ!!

ライブ参加に1人枠が空いている・・・だったら!

---あ、あの!そのライブに、「小生」が参加しても、よろしいですか!?

自分でも思い切った発言をしたと思いました。

ですが、これはチャンスでもありました。

まだ見ぬ『ぎんが殿』には申し訳ない気持ちでいっぱいでありましたが、「小生」も可能ならばライブをしてみたい。

アイドルに、なりたいんだ。


その気持ちを、困っている『2人』にぶつけました。

『キッカ殿』『ミノリ殿』にお世話になりっぱなしだった今までと異なり、今初めて自分から一歩動き出せたと感じました。

「・・・いいんじゃねーの?」

「うん、いいよ!一緒に出ようよ!」

OKの返事を頂き、その時の「小生」は満面の笑みだったのではないかと思います。

---でも「小生」、実はライブは初めてでして・・・

「そうだったの?ライブやるのは夕方だけどなーに、残り3時間くらいある!その間に踊りの振りとメイキングドラマを覚えればいいさ!」

「そうと決まったらレッスン室に行きましょ~」

すぐに場所を移動して、そこから3時間ほど初めてのライブのための準備こと練習をしたのでありました!

レッスンでは、主に『てんこ殿』踊りの振りや動きを教えていただきました。

とても分かりやすい解説だったのこともあり、お二方が予想したよりもだいぶ早い時間でマスターしてしまったようでありました。

さぁ、残すは本番のみ・・・!

~4時間後~

「本日のライブもいよいよ大詰め。
次は、今駆け出し中の新人ユニット『Flame Star &シャリオ』の皆さんのご登場です!」


20151209041208

『めが姉ぇ殿』と同じくプリパラの運営を担当する『赤井めが兄ぃ殿』の司会進行によるプリパラTVライブ。

たくさんのアイドルのライブが次々と展開されていて、会場も大盛り上がりであります。

「やっぱいつになっても緊張しちゃうね~」

『てんこ』はやれば出来るんだからいつも通りで!
今日は
『ぎんが』はいないけど、『シャリオ』もしっかり練習して頑張ってくれたし、大丈夫さ!」

---『小生』、ちゃんと出来ますかね・・・?

「練習見てたら動きとかすぐに理解してくれてびっくりしちゃったもん。きっと大丈夫だよ!」

2人に背中を押され。

20170519085106


「小生」の初めてのプリパラアイドルとしての活動が、始まる!

・・・何やら会場の方が少しどよめいている?

「いつもと違うな」という気持ちが伝わっています。

そうか、「小生」という存在が不可思議でしょうがないのでありますな。いつもなら『ぎんが殿』がいるのでしょうから・・・。

その様子を見かねて声を出したのは、『てんこ殿』でした。

「ライブに来てくれてありがとうございます!『てんこ』です!
今日も[Flame Silver Star]は頑張ります!って言おうと思ったんだけど実はライブの前にお話したいことがあります。」


「どうもどうも、あくのアイドル『いつき』だ!
今日はご覧のとおり、
『ぎんが』がいねぇ!いつもと違う感じになっている。
が!今日はその代わり
新しいアイドルのデビューを俺たちで手伝おうってことになったかつ、『ぎんが』の代わりに1人助っ人を呼び出した!
真ん中にいる子が、その助っ人だ!」

『いつき殿』の「小生」のご紹介と同時に、どよめいていた会場は一瞬にして熱気が上がり、拍手の音が聞こえてきました。

『シャリオちゃん』、一言挨拶して~)


会場のお客さんが「小生」に注目する中、後ろから小声で『てんこ殿』が小声で小生に振ってきました。

ああそうか、自己紹介くらいしないと・・・えっと・・・


---えっと、その・・・今日からプリパラデビューしました・・・

そういえば「小生」、人間として生きているはずなのに苗字の設定をすっかり忘れていた、と何故かこのタイミングになって思い出したのでありました。

えっと、苗字・・・苗字・・・何か・・・
あっ!

---「朝来(あさく)シャリオ」と申します!

「小生」が初めてワープしてきた場所の兵庫県の朝来市。

ふとそのキーワードがよぎり、小生はそれにちなんだフルネームを名乗りました。

『シャリオ』~、別にプリパラは本名名乗る必要ないんだからフルネームで名乗る必要ないんだぜ?」

---え?そうなのでありますか『いつき殿』?あーあーえっと、今のなし!なしです!『シャリオ』と申します!

「もう遅いよ~」

これは迂闊だった!

しかもよく考えたら、「あさく」じゃなくて「あさご」でしたし!

あーあーあーあー恥をさらしてしま・・・あれ?


会場は笑いに包まれていました。


これはきっと、バカな新入アイドルだなって意味に違いない・・・( ;∀;)

「とまぁ、ちょっと天然な所もあるし今回初ライブだけど、温かい目で見守ってほしい!」

『Flame Star&シャリオ』、いきま~す!」

『てんこ殿』の掛け声と同時に、音楽はかかり・・・ライブは始まったのでありました!

練習通りに動けば、きっと大丈夫…!

20170519085208

「小生」は、3時間学んだことの全てをライブで出し切ろうと必死になりました。

20170519085339

結果、一番の難関だと言われていたメイキングドラマも無事成功!

20170519085432

「小生」の初ライブは、何とか成功を収めることが出来たのでありました!

~数十分後 プリパラ ライブ会場 楽屋~

『Flame Star &シャリオ』の皆様、ありがとうございました!
さて、次は今注目の人気アイドル『new mewさん』の・・・!」


楽屋に戻り、一息ついている「小生」と『いつき殿』『てんこ殿』

「今日も楽しかったな~!『シャリオ』、ちゃんと出来てたじゃん!」

『シャリオちゃん』、すごく嬉しそうな顔してる!ライブ楽しかった?」

「小生」は、充実感と満足感で満面の笑みを見せていたようでありました。

---っへ?はい!それはもう!ライブってこんなに楽しいものなのですな~!いやぁ、アイドルって・・・最高!感無量!喜怒哀楽の満身創痍ですぞ!

「嬉しいのかよそれw」


『シャリオちゃん』、また一緒にユニット組んでライブしよ?今度は『ぎんがちゃん』も入れて!あ、でも4人ユニットでライブできるんだっけ?」

『めが姉ぇさん』に言えばできるんじゃねーの?」

「そうなのかな?4人ユニットなんて聞いたことなくて・・・」

お二方が談笑している傍ら、「小生」は今回のライブで手にした「プリチケ」を見つめていました。

ライブをした証が、写真という形になって残っている。

20170519085327

「折角のデビューライブなんだし、センターもってけ!」という『いつき殿』のお言葉を受け、僭越ながらセンターのポジションで踊らせて頂きました。

「小生」が踊ると、会場にいるお客様も呼応するように反応してくれて。

たまに「シャリオちゃーん!」なんていう声も聞こえたりして。

たった数分だけとはいえ、ライブに立てば「小生」は主人公になれるんだ。

もう体もボロボロで『お父様』の役にもろくに立てず、生きる意味のなかった「小生」でも、「主人公」になれる。

それがこの、「プリパラ」という場所なんだと今日確かに勉強になりました。

---『いつき殿』『てんこ殿』。今日は本当にありがとうございましたですぞ!

「こちらこそありがとな、『シャリオ』!これからもよろしく!」

「どういたしまして~。あ、そうだ!」

『てんこ殿』は今日頂いた「プリチケ」を取り出し、上部を切り離して「小生」に渡してきました。

「これ、[トモチケ]!友達の証として渡すものなんだ。」


「だったらあたしも!はい、『シャリオ』!」

二人は、『トモチケ』なるチケットを「小生」に差し出しました。

---また一つ勉強になりましたぞ!あ、でも「小生」トモチケ1個しか・・・お二人に渡す分が・・・

「言いだしっぺの
『てんこ』にあげちゃって。あたしは次でいいさ!」

---分かりました!

「小生」は恐る恐る「プリチケ」上部を切り離し、『てんこ殿』にお渡ししました。

「どうもありがとう、『シャリオちゃん』!」

友情の証、「トモチケ」・・・。

「プリパラ」は、こうして友情の輪を広げていく楽しみもあるということなんですなぁ。

そして、「小生」にとっての「初めての友達」も出来たのでありました。

~2時間後 プリパラ~

「プリパラパンポーン!本日の[プリパラ]はまもなく閉園致しまーす。お気をつけてお帰りください。」

その後、我々3人は出会いの場所のゲームセンターで少し遊びんでいた所、時刻は夕方になり「プリパラ」閉園の時間になってしまいました。

「そろそろ時間か。あたしらこれから行きつけのラーメン屋に行くけど、シャリオ』も来るか?」

---そうしたいのは山々ですが、
『保護者の方』と待ち合わせしているので・・・

『キッカ殿』を置いて別の場所に行くわけにはいかないですな。

「そっか。じゃあまたな!」

「じゃあね
『シャリオちゃん』~。」

---お疲れ様でした、お二方!またお会いしましょう!

こうして、「小生」の初めてのプリパラデビューの日は、大満足の中終わりを迎えたのでした。

「小生」は、初めて手に入れたプリチケを見つめながら、満面の笑みで「プリパラ」を後にします。

~半年後~


それから、「小生」こと「朝来シャリオ」は毎日「プリパラ」を通う日々になりました。

『いつき殿』『てんこ殿』や後に知り合った『ぎんが殿』他にもたくさんの方々とユニットを組んでライブに積極的に参加していきます。

アイドルランクも上がり、「プリパラデビュー」から「アイドルのたまご」にまでランクアップしていったのでした!

ですが、「小生」は誰かとユニットを組むようなことはしませんでした。

あくまで、誰かのユニットにお邪魔する形でライブに参加するだけ。

「小生」もユニットを持って活動してみたいとは思うものの、中々パートナーと呼べる方に出会うことがなかったのでありました。

いつか最高のパートナーとユニットを組み、最終目標である「神アイドル」になりたい!

気づけば、漠然とした目標を持ちながら「プリパラ」を楽しむ「小生」がそこにいました。

生きる屍だった「小生」が「人間」になりきり、楽しい「プリパラ」ライフを満喫してから半年という月日が経った頃のお話でした。


いつものように、「プリパラ」に向かおうと「四天王一族の屋敷」を出て行った時・・・

『グランシャリオ』・・・聞こえるか『グランシャリオ』・・・『私』だ。
監査期間であった半年という時間が過ぎたので、地球の監査結果を教えてほしい。
一度『私の元』に戻ってきてくれないか?」


『お父様』から、悲しい連絡を受けてしまいました。

地球を、去らなければならなくなってしまったのです。

~Continued to「The Beginning 5」~ 


(スペシャルサンクス→タマゴ豆腐様)