今回もマイキャラの設定まとめいきます!
思い入れが強すぎて歴代で一番長いよ読むなら覚悟してねw
プレイング話記事にできるほど話題がなかった(ぇ

(以下創作成分の多様に含まれた記事につき苦手な人はバックしましょうっていうかこのブログ自体既に創作脳の塊みたいな場所なんだがなぁ)

・マイキャラプロフィール~ゼクスおめが編~

※マイキャラネームは「ゼクスおめが」だが、以下設定に準拠して「ゼクスオメガ」と表記。
また、複数の形態が存在するが本体そのものは「オメガ」という表記で統一する。


20170111133418

「ワシの名は『六番目の申し子』ゼクスオメガ!
プリパラに終焉をもたらす者、魔王オメガじゃ!」


20170211051559ダオス(全)

「私は時空を渡りし超越者、『時の女王』ダオスオメガ。
以後、お見知りおきを。」


7c0621c800b9d9649aa6d4f403a73995
86fbe6cab912bae33743cd7bb891da29
daruku-01
C487tSBUMAAtTYJ

お名前(プリパラでの名前/本名)

六番目の申し子~ゼクスオメガ~(画像1枚目)
時の女王~ダオスオメガ~(画像2枚目左)
(現在設定上でのみ存在する別フォーム)
憎しみの英霊~オ?ィオメガ~
七つの大罪~?サロオメガ~
銀の堕落~?ルクオメガ~
終焉誘いし禁断~ド???ドンオメガ~
(キャラメイク次第追記予定)
/東羽 覇皇(ひがしば はおう)


余談だが、「はおう」のイントネーションは「はおー」と伸ばすのではなく「羽織る」のような感じ

年齢

180歳

実家の「東羽家」及び「四天王一族」の当主「真緑(まりょく)家」異世界の秘術を結集させて得た力により、不老不死の肉体を持つ。

誕生日

4月23日

血液型

AB型 

星座

牡牛座 

一人称

ゼクスオメガ/ワシ
ダオスオメガ/私 

 オ?ィオメガ/? ?サロオメガ/? ?ルクオメガ/? ド???ドンオメガ/?

二人称

ゼクスオメガ/基本的に誰にでも呼び捨てだが、独自の呼び名をつける人物もあり。
例:シャリオ→ザンバイン(本名) みさきち→凡人 竜の彼女→呪われし劣等種 「真緑家」の当主」→親父様
ダオスオメガ/「○○の○○」と二つ名と立ち位置で呼ぶ。
一例:→南鉋家の長男→「南鉋のせがれ」
ディノこ→西菊子家の次女→「西菊子の次子」

オ?ィオメガ/?
?サロオメガ/?
?ルクオメガ/? ド???ドンオメガ/?


好きなブランド

全形態に共通して基本的にレアリティが高く、いいねポイントが高いコーデなら何でも好む。
 

好きなコーデ

・全フォーム共通


jpg large20170211044003

しっこくのつばさコーデ 

・ゼクスオメガ

mp4_000089294

チーキーリトルコーデ

・ダオスオメガ


C5MhCSSUYAA6yqzBaidu IME_2017-2-23_4-27-32

じゅんぱくのつばさコーデ

・オ?ィオメガ



・?サロオメガ



・?ルクオメガ



・ド???ドンオメガ



好きな○○

・草餅

「オメガ」が17歳の頃(大正元年)、ワームホールによる放浪(後述参照)をいつも通りしていたのだが、ある日ワームホールを抜けた先に出たのが自分の生きる世界で日本の「ぴかりが丘」という町だった時があった。

Pikarigaoka_Full_View

折角来てしまったということで町を一通り眺める「オメガ」だが、
ぴかりが丘商店街の中にある「あんころ亭」という和菓子屋に興味を持つ。
世間知らずの「オメガ」和菓子という存在を初めて知ることになるのだが、その時興味を持ったのが「草餅」であった。
人生初の自らのお小遣いを使ったお買い物であり、草餅を買うオメガ。
その美味しさに感動したことで、以後1日1個は草餅を食べないと生きていけない体になってしまう。

余談だが、「あんころ亭」は現在3代目店長の「石動望一郎(いするぎもちろう)」の一人娘の名前を肖り、「きなこ亭」と店名を変えているが、大正元年から今でも営業が続いている老舗の和菓子屋である。
オメガは初めて訪れた時から実に150年以上この店に通う超常連客である。外見が一切変わっていないのは適当に「娘」「孫」とごまかしている。

jpg large
画像は、前述の店長望郎の一人娘の「石動きな子」

・自分

「オメガ」は、自分こそが唯一無二の人類最強の生命体であると自負している。
自分を超える生命体は存在せず最強である自分に誇りを持っておりそんな自分だからこそ誰にも負けないという自信を持っている。
つまるところ、ナルシスト。

jpg large

・異世界放浪

「オメガ」の実家こと「四天王一族」の分家「東羽家は、物理学のプロフェッショナルが集まる一族である。
「東羽家」がその中でも特に力を入れているのが、物理学者「ジョン・ホイーラー」が提唱した異なる時空間へと移動することが可能な「ワームホール」と呼ばれる空間についての研究だ。

Baidu IME_2017-2-22_18-0-37

ワームホールはあくまで数学上の可能性でしかないとされているが、実は「ジョン・ホイーラー」が提唱する約50年前には既に「東羽家」と「四天王一族」の当主「真緑家」との共同研究において完成されていた。
それは、世界の異なる場所に限らず、全く別の世界である「異世界」や、同じ世界ではあるが異なる可能性を歩んでいった「平行世界」への移動も可能にする代物であった。
しかし世間には公表せず「四天王一族」の中でのみ密かに研究が続けられている。
なお、完成から170年以上経過してもワームホールの全貌は解剖されていない。そのため、現在でもその研究は続けられている。
「オメガ」が10歳の頃、ワームホール内で物体の移動は可能であるかの実験の被験者第1号として選ばれた以後、ワームホールに繋がる異世界や平行世界を渡り歩いていくようになる。
いわば、彼女はこの世界のみならず、異世界や並行世界を170年にわたって放浪するという研究を続けている。

・戦い

「オメガ」物心着いた頃には両親は既に存在せず、「東羽家」の従者「ゼット」によって育てられていた。
「ゼット」の話によると、「母親も父親も人類最強の生命体と形容される方で、その二人から生まれたあなたは二人を超えた人類最強の生命体である」とのことだ。

3歳の頃には「ゼット」から体術の基本を教えてもらい、4歳の頃には魔術や錬金術をマスター、6歳の頃には地上に存在するありとあらゆる「暴力」を全て自分のスキルにしたことで、暴力で右に出るものはいないほどの強大な力を持つようになる。
なお、6歳の頃には育て親であり恩人である「ゼット」を殺害。
これをもって、
「オメガ」は自分の中で完全に人として一人前に自立して殺人に一切抵抗をもたなくなり「暴力は使いたい時に使い、殺したい者がいれば殺したい時に殺し、滅ぼしたいものがあれば滅ぼしたい時に滅ぼす」という極めて暴力的な価値観を形成するようになる。

その後、前述のワームホールによる異世界や平行世界への放浪を研究かつ趣味としていくうちに、様々な異世界の勇者や英雄と呼ばれる者達との交戦をしていくようになる。場合によっては一個の世界を滅ぼすこともあり、「オメガ」によって殺された・滅ぼされた英雄や世界は数え切れないほど存在すると言われている。
「オメガ」自身が死にかける試合も多かったものの未だに無敗を誇っており「オメガ」の前に暴力で勝利したものは180年間の生涯の中で現在いない。
そんな彼女の存在はいつしか異世界間でも認知されるようになり、ついたあだ名が「英雄殺しの魔王」である。
最初は「魔女じゃないのか」と不本意ではあったものの、魔王という響きが段々気に入った「オメガ」は以後「魔王オメガ」と自称するようになる。

20170201053333

余談だが、プリパラアイドルとなる前の「シャリオ」は神造兵器と呼ばれる「神の命令により動き戦う兵器」であったのだが、「シャリオ」と「オメガ」は度々様々な異世界で交戦していた過去がある。
ある英雄曰く、「グランシャリオ・ザ・ザンバインと魔王オメガが戦って滅亡しなかった世界は存在しない」と言われるほど二人が戦った世界は形一つ残らず滅んでしまう。

C2x5L9qVEAAc238

まさか、プリパラという場所で再会することになるとは二人とも予想だにもしていなかったようだ。

・「真緑家の当主」

f9e46ae8-s

「四天王一族」は、北渡・南鉋・西菊子・東羽家の四家の分家によって構成される集団である。
その「四天王一族」と本家に当たる「真緑(まりょく)家」こそ、「四天王一族」を統括している。
「四天王一族」の研究の原点は既に「真緑家」が始めた1つの研究が出発点であり、四家の研究の答えは「真緑家」の研究の答えにも繋がるとされているが、一族が誕生した200年以上経過した現在でもその答えにはたどり着いていない。
「真緑家」は「当主」と呼ばれる人物ただ一人が200年統治している一族で(現在も存命)「オメガ」は「当主」が20歳の頃に生まれた「四天王一族」初の子供である。
「オメガ」自身、「当主」の研究のために生きてきたと豪語しており、彼がいるからこそこのような人生を歩めて自分の性格が形成されたと感謝している。

・ディノこ

「オメガ」には友達と呼べる存在はあまりいない。
そんなオメガにおいて特に親しい人と呼べる存在が、親戚の「ディノこ」こと「西菊子キサラ」である。

mp4_000033000

出会ったのは「ディノこ」が8歳(「オメガ」当時177歳)の頃、屋敷内の敷地に散歩して歩いていた所に昼寝をしていた「ディノこ」がそこにいて、何気なく話かけたことであった。
最初はあまり喋らない・小声で喋る「ディノこ」が苦手だったものの、四天王一族の人間であることにこれ以上なく誇りに思っている性格に共感し以後ワームホールによる放浪を行わない暇な時は彼女のそばについていくようになる。
「ディノこ」自身が研究に没頭すると周りが全く見えなくなるだらしない性格であることが嫌いなためか、部下の「ミュー」(後述)と共に「ディノこ」の身の回りのお世話をすることも・・・。殺されていった異世界の英雄たちは、「オメガ」がエプロンつけて食事作ったり、部屋に散らかっている「ディノこ」の下着を洗濯したり、「ディノこ」をお風呂に入れている姿を見てどう思うのだろうか・・・。
「ディノこ」は、「オメガ」180歳という超人じみた年齢であることを知っているため「オメガ」のことを「おばあちゃん」と呼んでいる。
「ディノこ」にもあまり友達と呼べる存在がいないため(実家の研究所に引きこもっているため)、「オメガ」の存在はとても貴重で数少ない心を許す人と考えている。
その一方で、何かと理由をつけて焼肉屋で「オメガ」に全額奢らせたりといったこともしたりも・・・w
少し特殊な距離感ではあるものの、なんだかんだでお互い仲良くしている。

20170115060218

現在はプリパラ内で、竜の彼女の従者「イオ」も含めた3人ユニット「デススター」を結成して活動中だ。

・お餅のフェアリル「ミュー」

Baidu IME_2017-1-28_8-50-40

リトルフェアリル出身のフードフェアリルに属すお餅のフェアリル。
偶然リトルフェアリルからとある異世界に来てガールフレンドに会いに行こうとしていた所、「オメガ」がその異世界をまるごと滅ぼしてしまう。
また、「オメガ」が異世界が滅す過程での大きな衝撃による地盤沈下自分の鍵が行方不明になってしまった※フェアリルはそれぞれ自分の鍵を持っており、その鍵を「フェアリルゲート」に使うことで異世界間を移動することが可能となっている。)ため、リトルフェアリルに帰ることが叶わなくなってしまった。
途方に暮れて困っている所に「オメガ」と遭遇。
殺されるとばかり覚悟を決めたが、彼のとっさに使ったフェアリルマジックで生み出した草餅を「オメガ」に食べてもらった所「不味い」と一蹴される・・・が。

「ワシがお前の作る草餅を美味しいと認めるその時までワシの傍にいろ。」

と言い放ち、以後「ミュー」は「オメガ」と同行するようになる。
「オメガ」は、「ミュー」を草餅を作らせること以外に雑用始め様々なことでコキ使っている。
一例として、ワームホールで移動した直後に訪れた世界周辺を観察させ、どのような世界なのか報告させ
る等。

「今から5分で焼きそばパンを買ってこい」などといった理不尽で無茶苦茶な要求を突きつけて「無理ですよ~(TдT)」泣きべそかきながら必死になる「ミュー」の姿を見るのがとても好き。まさに外道

「オメガ」曰く「手頃なサイズで人間とはまた違う部下がちょうど欲しかった」とのこと…だが、実際には彼の作る草餅が絶品であり、適当な理由をつけて永続的に同行させることで定期的に草餅を食べるために傍に置いているというのが真相。
つまり、前述の「不味い」という感想はまるっきり嘘。
ちなみに、「ミュー」の鍵は「オメガ」が「ミュー」と出会う前に偶然回収しており、その鍵を探す「ミュー」の姿を見て最初は鍵を返そうとしたが、草餅を食べたことで自分の傍にいてほしいと考え鍵は返さずずっと肌身離さず持っている。

さらに余談だが、フェアリルマジックで草餅を作ったことは偶然ではなく、彼の潜在能力によってオメガ」の好みを察知し無意識のうちに「オメガ」が喜ぶものを作っていたようである。

Baidu IME_2017-2-25_5-53-18

本来は草餅以外にも様々なお餅を作るフェアリルなのだが、とっさのフェアリルマジックで「オメガ」の好物である草餅を選び抜いたのは彼自身の才能である。

基本的には「四天王一族」はじめ「オメガ」の知り合いに「ミュー」の存在は認知されてはいない(人前に姿を現さないように命令しているのだが、唯一「ディノこ」は知っていてそれなりに親しい間柄の模様。ディノこにもしょっちゅう無理難題を押し付けられていじめられている

当初ミューは「オメガ」を恐ろしい存在として常にビクビク震えていたが、共に行動していくうちに実は一方的な悪と決めつけられないのではないかと疑っている一面もあったりする。
「オメガ」自身も「ミュー」のことを理不尽なワガママやむちゃぶりを言うものの決して嫌っているわけではなく嫌いであるならば即座に殺している)、彼なりに「オメガ」のために尽くそうと必死になる姿は好きであり、何より彼の作る草餅は彼にしか作ることの出来ない絶品である。
一番信頼する部下として常に自分の傍に付いていてもらっているし、「ミュー」自身も「オメガ」に尽くすことを誇りに思っているという良好な主従関係を築いているのである。

Baidu IME_2017-2-25_5-26-49

苦手な○○

・南鉋竜

20170201053352
「真緑家」の「当主」曰く、「約200年続く四天王一族の歴史において最高峰の天才」と言わしめるほどに評価されているのが南鉋家の一人息子「竜」である。
「四天王一族」の中で一番「真緑家」の研究に貢献しているのは自分のはずなのに「当主」は竜の方がいたく気に入っているのが「オメガ」は気に食わない模様。
「オメガ」がプリパラアイドルとなった理由は、プリパラはそんな「竜」が今一番頑張っていることであり、「竜」が一番頑張っていることに自らが頂点に立つことで彼より優位な「天才」であることを見せしめるためということが行動原理である。

なお、「気に入らないのであれば、異世界の英雄たちのように竜を殺せばいいのでは?」と突っ込まれそうであるが、「オメガ」は次の項目で詳しく記述する「とある事件」をきっかけに、自分の住む現世界において「真緑家」の「当主」にいかなる人間への暴力・殺人・破壊活動を行うことを固く禁じている。
これは、好き勝手な破壊活動が結果として現世界における「真緑家」の研究に支障をきたす危険性があるからと、異世界での殺人・破壊活動であれば現世界では決して罪には囚われないことと、自分達の住む世界には関係ないから異世界での殺人・破壊活動を許可していることによるものである。それだけ、「オメガ」の持つ「暴力」を現世界で使用することは危険であると認められているのである。
気に入らないものを現世界で殺害することが叶わないからこそ、プリパラという竜の最も頑張る場所で竜より優位に立ち「真緑家」の「当主」に自分の再評価を促そうとしているとしている。

・北渡家の次女=呪われし劣等種

20170121050911

親戚の北渡家の次女「時南斗」は、「約200年続く四天王一族の歴史において、唯一の凡人」とまで「当主」に言わしめており、「四天王一族」の中では「呪われた子供」として迫害を受けている。
「オメガ」も「時南斗」を嫌う人間の一人であり、「四天王一族は全てが天才の集まりであるべき」という価値観を持っているため、彼女の存在をどうしようもなく疎ましく思っている。
「時南斗」と屋敷の中(※「四天王一族」は四家+「真緑家」の実家及びそれぞれの家系の研究所は同じ敷地内にあり、総称して「屋敷」と呼ばれる。)で遭遇するたびに暴言を言い放ったり時には暴力を振るうこともあり、「時南斗」には「悪魔」と呼ばれ嫌われている。
だがある日、「時南斗」が「四天王一族」の人間として生きているという事実がたまらなく許せなくなった「オメガ」は、同じく「時南斗」を嫌う「ディノこ」との協力で「時南斗」を屋敷の中で追い詰め殺害を決行し、結果として生死の堺を彷徨うほどの暴行を加える。
そのままトドメを刺そうとした所「当主」によって止められ、逆にオメガが「当主」に数週間は動けなくなるほどの重傷を負わされ、「ディノこ」も無期限謹慎処分を受けることとなった。
この一件から好き勝手に強大すぎる暴力を振るう「オメガ」を危険視した「当主」は、「オメガ」現世界における暴力の使用と、「時南斗」との接触を固く禁じるようになった。
「当主」曰く、「例え凡人であるとしても、時南斗が四天王一族の子供として生まれたことには意味がある」とオメガに説明し、「その意味が分かるまで殺すことは許されることではない。」と反論している。
それでも「オメガ」にとって許されるべきではない人間であるという価値観が揺らぐことはなく、今でも「呪われた劣等種」としてこれ以上にないほどの憎悪を向けられている。

20160630070252

「時南斗」はこの一件が深いトラウマとなっており、「オメガ」のことを思い出すだけでその場で泣き出すほどに精神的な傷を負わせられた。

C1Arb4yUUAA4SIm20160803065037

現在は、上記の憎くてしょうがない親戚二人の「竜」と「時南斗」が交際しておりそれを知ったことでより二人に対する殺意が沸いているというのはまた別のお話…。

・石動きな子

jpg large
前述の「草餅」の項目で話したぴかりが丘の老舗の和菓子屋「きなこ亭」。
その店主・「石動望郎」の一人娘の「きな子」「オメガ」は度々店内で遭遇するのだが、「オメガ」は「きな子」(8歳)心底見下されている。
「オメガ」の喋り方が「~のじゃ」「ワシ」といった言葉遣いをすることから「子供おばーちゃん」と呼ばれていることを始め、従業員と「オメガ」が会話するたびに何かと突っかかってきては馬鹿にすることを「きな子」は日課にしている。
本来ならば即死に値するほどの暴挙…なのだが、「オメガ」は「当主」によって現世界における暴力の使用は一切禁じられている。
従って、いかなる悪口に対しても暴力で抵抗することは許されないため口喧嘩に発展する(どちらにしても無抵抗の8歳の幼女に暴力を振るうのも大人げない話なのだが)のだが、大抵その口喧嘩も「きな子」に押し負けるという弱さのため舐められてしまっている。



ツイートは喧嘩の一例。

C3v1tGDVYAAf5GQ

どうやら「きな子」は時折「大好きなディズニーキャラクターと一緒に遊ぶ」不思議な夢を見ることがあるようで、その夢の話を「オメガ」に話すことがあるが、「オメガ」含め周りはまともに取り合ってはいない。
この口喧嘩は8歳と180歳による死闘…だが、最後は「きな子」の母親の「石動菜子(なこ)」が「きな子」に対して怒ることで終わる。

以上から、「オメガ」にはこれ以上ないほどの天敵として「きなこ亭」に行くたびに警戒しているが、結局は「きなこ亭」の草餅が大好きであるため我慢して通っている。

趣味・特技など

全フォーム共通

・不老不死の肉体

「オメガ」は10歳の頃初めてワームホールによる異世界への放浪を経験し、それから数多の世界へ放浪するわけだが、5番目に訪れた異世界人間の肉体の変化を一時的に停止させる秘術があるとされる異世界に行ったことがあった。
「オメガ」秘術の仕組みを描いた秘術書を持ち帰って解析し、「四天王一族」の持つ技術力も結集させたことで「不老不死の肉体(肉体の変化を永続的に停止させる)」を生み出すことに成功。

jpg large

秘術の被験者となった当時10歳の頃から170年経過した現在においてもこの姿のままで一切変わらない。

なお、秘術の残されていた異世界は秘術書の在処を「オメガ」が魔道士から聞き出した後その世界を塵一つ残さず破壊して滅亡させ、「四天王一族」以外の人間がその秘術を知らないということになっている。

・フォームチェンジ能力

「オメガ」最大の特徴と言えるのは、全8種類存在すると言われる「フォームチェンジ能力」である。
正確には「ゼクスオメガ」という基本形態(「東羽覇王」の本体)から、全く同じ肉体ではあるが7種類の別人へと変身する現象を指す。
同じ「オメガ」=「東羽覇皇」という人間の肉体ではあるのだが、外見身長体重口調など全く別人のように変貌するため、知り合いでもフォームチェンジ前後の人物が「オメガ」だとは分かるのだが、別人のように錯覚してしまうという奇妙な感覚に陥ってしまう。
なお、完全なる別人というわけではなく、精神(人格)そのものは(喋り方などは異なってはいるものの)「ゼクスオメガ」そのものである。

これは、「真緑家」こと「当主」の研究の実験結果によって得られた力とされるが詳細は不明。また、この力がどのような現象によって起こっていることなのかは、「オメガ」と「当主」以外の人間には分かっていない。

20170115060053
20170211051559

現在、確認されているだけでは2種類のフォームをプリパラでは使用している。
ファンにはあくまで「オメガがイメージチェンジした結果」としか認識されていないのだが、前述通りフォームチェンジとは「オメガの肉体そのままで全く別人に変身する現象」を指す。

C2iARASUcAAuf5A
mp4_000127022

それを裏付ける根拠としては、現在確認されている「ゼクスオメガ」と「ダオスオメガ」がプリズムストーンのゲートに入ってプリパラチェンジする時に支給されるコーデが異なっているのだが、それはプリパラのシステムが「別人」であると認識しているからである(同一人物であるなら同一のコーデが支給される)

チェンジした形態ごとに個性や特殊能力があるのだが、プリパラ内ではその能力のほとんどを使用することはなくあくまでイメージチェンジして自分に似合うコーデを差別分けしている意味合いでしかない。
以下、各形態ごとの特徴を列挙する。プリパラ内ではほぼ使うことのない裏設定のようなもの

ゼクスオメガ

・破壊の力

C1e0T2GUoAAiEyR
「オメガ」という個体のオリジナルして基本形態である「ゼクスオメガ」の個性は、「何かを破壊する力にもっと秀でているフォーム」という単純明快なフォームである。
RPGで例えるなら、攻撃(STR)や魔法攻撃(INT)がMAXでそれ以外のステータスは平均より少し高めといったところで、攻撃方面のステータスがずば抜けて高い構成になっている。
基本的に並の人間は、「ゼクスオメガ」の圧倒的暴力=破壊力に耐え切れず敗北するパターンが多い。
攻撃方法は多種多彩だが、前述したように6歳の頃にありとあらゆる暴力を極めた「オメガ」には、物理攻撃も魔法攻撃も何でも使いこなすことが可能。
反面回復技(魔法)はあまり上手くはないようだが、大抵は回復技(魔法)を使う前に戦っている相手を倒してしまうことが多いため短所とは成り得ていない。
「殺られる前に殺れ」が「ゼクスオメガ」のモットーなのである。
プリパラ内での「いいねが高いコーデなら何でも好む」という性格はこの考え方によるものが大きいだろう。

ダオスオメガ

・時空転移

C5MX7BUVYAENfQC
オメガ第2形態となる「ダオスオメガ」の最大の特徴は、過去未来に行き来することが可能である「時空転移」の力である。
一度使用すると自分の中の全魔力を消費してしまう(完全に回復するまで1週間弱は要する=1週間経過しなければ再び時空転移は使えないという弱点はあるものの、いかなる状況下においても使用することが可能でかつ「何年前(後)何月何日何時何分何秒場所」といった細かい調整も可能であるという万能な能力である。

基本的には、「ダオスオメガ」以外の形態で瀕死の重傷を負った時に別の時空に行くことで逃げるという「緊急回避」のような意味合いで使うことが多い。

プリパラでは、プリパラの歴史を探るという名目でプリパラタウン内で使用して現在から50年前のプリパラタウンの過去現在アニメで放映されている「真中らぁら」が現役のアイドルとして活躍していた時代。筆者のマイキャラ世界はテレビアニメのプリパラの50年後の未来の世界を舞台にしている。に行ったことがある。

オ?ィオメガ


?サロオメガ


?ルクオメガ


ド???ドンオメガ


詳細な性格・備考欄

性格

ゼクスオメガ

20170115055958
傍若無人で人の話や意見を聞かない俺様タイプ。
しかし、同時に人を引っ張っていくだけの大きなカリスマ性の秘めている女性であるとも言える。事実、異世界に「オメガ」を支持する者も少なくはないのと、現在プリパラ内で組んでいるユニット「デススター」のリーダーとしてメンバーの「イオ」と「ディノこ」に慕われてはいる。伊達に180年は生きていない。
「~のじゃ」という語尾や「ワシ」という一人称から分かるように、古風な喋り方をしている。そして外見は10歳(実年齢180歳)なのでいはいる「のじゃロリババア」という属性。
それ故周りにはババア扱いされることが多くというか実際にババアなのだが)、「ディノこ」には「おばあちゃん」、「きな子」には「子供おばーちゃん」と呼ばれていたりするが、本人は特に気にしていない。実際ばーちゃんだし
「ゼクスオメガ」以外の形態のオメガにも「ゼクスのババア」「頭の悪い老婆」などと盛大にdisられており本体だけど一番周りからの扱いが悪い。

その一方でありとあらゆる暴力を極めている「暴力の天才」であるので気に食わないことは暴力で解決することが多いが、「オメガ」の住む現世界においては暴力の使用は一切禁じられているため現世界の人物に暴力を振るうことはない。
逆を言うならば、現世界以外の場所であるならば自由に使うことが許されているため、気に食わなければ星一つ分を自分一人で破壊したり、文明を滅亡させることも平気で行う。
しかし、そんな行動も「自分がやりたい時に自由にやっているだけ」という精神でしかなく、人を殺したり文明を滅亡させたことを罪悪感に感じたことは1度たりともない。
誤解されやすいが、「オメガ」が一方的に理不尽な理由「だけ」で殺人を犯したり文明を滅亡させたりすることはない。
彼女自身様々な異世界で噂されるほどの有名人であるため、自分の名声目的に襲ってきた人間もいれば、幼女性愛者に強姦未遂をされたりと言った過去もあることや、根も葉もない情報などで好き勝手なことを言われることもあるという相手側に非がある事案も少なくはない。
そのような輩に対して容赦なく暴力を振るい殺人も犯すが、結果的に話し合いもせずに一方的に暴力でなんでも解決しようとするその姿勢が異世界の人間に嫌われるきっかけとなっている。

実は、ワームホールによる異世界放浪をし始めた頃は異世界の人間に苦戦or重傷を負わされた事例もあり、最初から世界や人間を破壊できるような一方的な強さではなかった。
今の実力は180年も生きてきた経験によって得られた圧倒的な力なのである。
プライドが高くナルシストな性格なのは、この一人の人間にはあまりにも長すぎる時を生きて強大な力を持っているからだと言える。

ダオスオメガ

20170211044802
冷静沈着な戦略家。
「私」という一人称からも分かるように、「ゼクスオメガ」とは相当別人の印象を受ける。
「ゼクスオメガ」が力でゴリ押すタイプならば、「ダオスオメガ」は知略で相手を打ち負かすタイプである。
用意周到な性格のため、何かを行動する時は実際に行動する前に二手三手先を考えてから行動する。
時間に対して厳しい一面も持ち合わせており、遅刻などすれば怒りの鉄拳がお見舞いされる。
これは「ダオスオメガ」の持つ「時空転移の力」によるもので、自分は時間をいくらでもやり直すことが可能だが普通の人間にはそれは叶わないことを知っているため、時間を無駄遣いするものを嫌っているのである。

「ゼクスオメガ」とは異なり暴力で何でも解決する姿勢はなりを潜めてはいるが、自分が敵だと思った存在への容赦のなさは「ゼクスオメガ」より上。
行動を実行する前に緻密なプランを建てて相手を作戦の術中にハメてから一方的に殴り倒す姿勢を好んでいるため、敵に回せばオーバーキルは平然と行われる。一応話し合いや説得で相手の話を聞くことはあるが、一度敵と考えた者への攻撃をやめることは絶対にない。
また、ピンチになった場合は時間転移を使うことで過去へ逃げることも可能であるため、倒すことは非常に困難。
自分から暴力を振るうことはほとんどないため、「ゼクスオメガ」と比べて殺傷した人間が圧倒的に少ないのは不幸中の幸いなのかもしれない。
それでも敵と判断したものには国だろうが文明だろうが星だろうが平気で滅ぼす姿勢は「ゼクスオメガ」とは変わらない。

「ゼクスオメガ」のことは、「ゼクスのババア」と呼び馬鹿にしている。

オ?ィオメガ
 
?サロオメガ
 
?ルクオメガ
 
ド???ドンオメガ

? 

あらすじ

「りぅ✩★」こと「南鉋竜」は、絶え間ない努力と実力を元に遂に「神アイドル」の領域へと到達した。

C0suOwnUAAAYBWl

彼はユニット「グランシャリオ」のリーダーで、メンバーである「朝来シャリオ」「朔夜弥咲」2人のかけがえのない仲間たちのお陰で神アイドルになれたことを感謝し、これからも頑張っていくことと誓う。

20170111125713

しかし。
その喜びも束の間。

「ハァ~ッハッハッハッハッ!!!!甘い、甘いぞ竜よ!!!それで天下を取った気になっておるとはなぁ!!!」


jpg large

神アイドルとなった「竜」のステージに現れたのは、「竜」の親戚の「東羽覇皇」だった。


20170111120141

「覇皇さん・・・!?何故、あなたがここに!?」

それは、想定など全くしていなかった事態で動揺を隠すことが出来ない「竜」。

20170111132115
「ご機嫌よう諸君!
そしてよく聞け、プリパラタウンの連中どもよ!システムどもよ!そして竜よ!
ワシの名は六番目の申し子『ゼクスオメガ』!
ワシは今ここにプリパラアイドルのデビューを宣言しよう。
そして同時に、プリパラ滅亡のお知らせじゃ。
ワシがそこにいる神アイドル『りぅ』をも超える神アイドルとなった暁には、このプリパラのシステムをワシが完全に塵一つ残さず破壊する!
プリパラ滅亡のカウントダウンが、今始まったのじゃ!!!!」

「竜」の神アイドル化と同時に告げられる、プリパラ滅亡のお知らせ。
面白いアイドルが生まれたんだなーと周りがテンションを上げる中危機感を感じる「竜」と「めが兄ぃ」。

images (1)
「他の方には冗談だと思われているようですが・・・私にはわかります、『りぅ』さん。あの人は冗談やネタであのような発言をしたわけではない。本気で、プリパラタウンを破壊しようしている・・・。」

「めが兄ぃ」は、オメガ」の気迫から本気の言葉であったと確かに感じたのであった。

C1Arb4yUUAA4SIm
「『めが兄ぃ』さん。ボクの愛するプリパラは、ボクとグランシャリオが守ります。
『覇皇』さん・・・ゼクスオメガ』の言う通りの未来には、絶対させはしない!」

「竜」は神アイドル化と同時に、「オメガ」の野望を食い止める決意をする。

数週間後。
「オメガ」は順調すぎるほどにプリパラアイドルとして確実に成長を遂げていった。

C3L-0JFVMAAY14a

「竜」が3ヶ月かかった「神アイドル化」を、「オメガ」はデビューからわずか数週間で成し遂げる。

2017020305582620170203055806

さらに、「竜」を打倒しようとプリパラデビューした「オメガ」の親戚の「ディノこ」と、「竜」が「オメガ」を凌駕する神アイドルたる器があるのかどうか確かめるために「オメガ」と手を組んだ「イオ」とユニットを結成。

C3L-rsbUYAABbhR

「ユニット名は…そうじゃのう。
北斗七星を破壊する者…『デススター』…!


20170219025606

「神アイドル・竜を打倒するユニット」である「デススター」は、プリパラ内では瞬く間に人気ユニットとなる。

20170211051559

更には、「オメガ」が持つとする7つの特殊形態を使い分てライブをするというパフォーマンスを披露。
「オメガ」という一人の人間から多種多様なパフォーマンスを魅せる様に、次々とファンは魅了されていく(画像は7つの特殊形態の1つ『ダオスオメガ』)。
こうして着々と「グランシャリオ」に負けないほどの名声を得た「オメガ」は、「竜」に宣言する。

「次の神アイドルグランプリここでお前たち『北斗七星』より多くの支持を得て、優勝してやろう。
その時がプリパラの最期じゃ。
ワシがプリパラのシステムを破壊する…!」

mp4_000003851mp4_000006533

今、人工天体破壊兵器と北斗七星のプリパラ存亡をかけた戦いが幕を開けるッ…!

解説

クッッッッッッッッッソ設定が濃いキャラなのはここまで読んだ人には明白でしょうが、歴代でぶっちぎりの「こんなキャラ欲しかったんだよ」って言いたくなるマイキャラです。
のじゃ喋り・ロリババア・様々な姿形に変身可能
…という設定の数々は、全部「最終兵器」と言わんばかりに温めていた要素だったりします。なぜなら全部俺の最上位の好みの属性だからw

出発点を話すならば、「シャリオ」と同じく俺が中学生の頃に書いていた小説に出てくる「天魔王オメガ」という敵キャラクターが原案。邪気眼全開で開き直ってるのは中学時代のノリで作ったキャラだからでもある。

jpg large

当時5人マイキャラがいたわけなんですが、「6人にすれば2つ分ユニット作れるよね?」という境地に至りました。
そして、「2つ目のユニットはドレッシングパフェのような、主人公の竜のライバルユニットが良い…竜という天才すらも絶望する強大なユニット…ラスボス…ラスボスキャラクター…」という感じで着々と発想し、前述の「天魔王オメガ」と組み合わせて誕生したのが「ゼクスオメガ」でございました。

jpg large

名前が平仮名なことに特に意味はありません。
カタカナ+平仮名の組み合わせがなんとなくかわいいなーと思ってつけただけです。
なのでこの記事での表記は本来の正しい表記である「ゼクスオメガ」と表記しています。
名前の由来としては、意外と思われるかもしれませんが「織田信長」からだったりします。
彼の別名は「第六天魔王」で、それをドイツ語の数字「sechs」と読ませているから「ゼクス」。

indexxxx

俺の好きなバトスピにも同じ命名で付けられたボスキャラスピリットがいましたね~。
つけた時は意識していなかったんですが、無意識のうちにこいつのことを思い出してそう命名したんだと思います。
後、「ゼクス」はプリパラのマイキャラ6番目の娘という意味でもあります。
本人としては実は2つ目の6番目の娘という意味でプリパラでは名乗っています。

Baidu IME_2017-3-3_16-59-49

彼女は、俺のマイキャラ世界で唯一自分の存在を「虚構の存在」であることを認識して、いはいる神の視点=第4の壁を認知しているのです。
名前のもう一つの「オメガ」という単語はギリシア文字の最後の文字を表す単語(ギリア文字では「Ω」と表記)。
あらすじの項目で述べた「プリパラを破壊する者=終焉をもたらす者」という意味でオメガと名づけました。
他作品においても、「オメガ」という単語は強大な存在につけてることが多い(例:デジモンのオメガモン、キン肉マンのオメガマン、ロックマンゼロ3のオメガetc)ですが「ゼクスオメガ」もラスボスということで大層な名称となりました。「ゼクスオメガ」の髪型が「ファルルたてロールくずし」なのもラスボスらしさを出すためですね。

C1BXRJRUcAAX9Cu

以前のプリパラプレイ日誌でも語りましたが、ラスボスアイドルなんて大層な肩書きの割に低ランクじゃないか、と言われるのが嫌だったので早々に神ランクにまで引き上げたほどのお気に入りのマイキャラです。
大層な設定にするならそれに見合ったプレイングをすべきだ、というのは自論(他人がそうであれと強制するつもりは一切ありません)。
 
最大の特徴とも言える「フォームチェンジ能力」については、俺が好きなラスボスをプリパラアイドルとして再現してみたいという気持ちが出たのと、膨大なアニメキャラの髪型髪色パーツをたくさん使って遊びたいから着想した設定です。
「ゼクスオメガ」には特に元ネタありませんが、それ以外の7種類の形態には俺の好きなラスボスを再現したキャラにしています。
一例としては、第2形態の「ダオスオメガ」は「テイルズオブファンタジア」に登場するラスボスの「ダオス」から。7形態中まだ5形態分しか画像がないのは、まだ2形態分の設定が定まってないからです。
プリパラと関係ない所では、この8回変身を倒さないと「オメガ」は倒すことができないというラスボス仕様だったり。 

もう一つの特徴としては、180年も生きてるというババア経験もあり、人間関係が他のマイキャラより多彩なこと。
プリパラ側ですと俺のマイキャラ世界を象徴する一大集団「四天王一族」の人間にして「竜」と「ディノこ」の親戚であることに留まらず、「シャリオ」の神造兵器時代(プリパラアイドルをやる前の前職)の最大の宿敵だったり、「キカイオー(アイカツスターズ&プリパラの両方の四女)」の出生に関して大きな繋がりがあったりほぼ全てのキャラと因縁があります。あまりにも非常識すぎる存在であるが故に、常識人の「みさきち」とは対照的に関係がないように設定しました。
なお、「ゼクスオメガ」の誕生により、当初設定だけだった「四天王一族」の四家の子供が全員無事マイキャラとして誕生したことになりましたね。

f9e46ae8-sdfさ「-horz-vert-vert

アイカツ側では、前述通り「竜」の彼女ことスターズ三女のトラウマになっています。また、前述した四女「キカイオー」とも浅からぬ因縁が・・・?ほかにも、竜の製作した人工ボーカルドール2号機の人生に転機を与えたり幻影帝国に間接的に助力して「キュアハニー」の戦いを直に見たこともあったり…?

そして、アイカツともプリパラとも関係 ないゲームのキャラでは、「ディズニーマジックキャッスル キラキラシャイニースター」のマイキャラ「きな子」とは犬猿の仲3DSソフト「リルリルフェアリル はじめてのフェアリルマジック」のマイフェアリル「ミュー」は忠実なる下僕…といった具合で、俺のマイキャラ世界の様々なキャラクターと多くの関係性を持っています。この子達の具体的な設定に関してはまた別途記事を作る予定。

1f657886

ラスボスらしく、ユーゼスの精神で色んなキャラとの関係性を構築していきましたw 
多分これから増えるキャラとも何らかの関連性を持たせているかも…?

マイキャラには毎回「好きなブランドとコーデを決めておこう」という決まりがあったりするのですが、実は「ゼクスオメガ」は当初「キャンディアラモード」が好きという設定がありました。

C6FFiXLVMAIc6tm

が、「キャンディアラモード」の高レアのコーデを持っていなかった ことと、プロフィールにも書いてある「いいねが高いコーデを好む」の方が「オメガ」っぽいかなぁ~ということで没にしました。
なので、現時点の俺のマイキャラで唯一好きなブランドがない子だったり。

180歳という長い時を生きてるキャラなだけに、年表作れるレベルで過去話が壮大。というか俺のパソコンのメモ帳に年表作ってます(ぇ
脳内の構想だけでも1本の長編かけるくらいのボリュームの経歴積ませています。
さすがにその全てを語るつもりはありません(知りたいという酔狂な方がいるならいくらでも教えますが)が、今回のまとめにあたってぼかしている「フォームチェンジ能力の謎」「真緑家の当主との関係性」「お世話係であったゼットという人物を何故殺してしまったのか」あたりは、いつか執筆予定のマイキャラの小説で語りたいと考えてはいます。予定は未定

「設定だけとは言えマイキャラに人殺しさせてるのはいいのか」と突っ込まれそうなんですが、プリパラ内では関係ないということでお許しいただけたらなーと。というかこの人プリパラ内に関係ない設定が無駄に膨大なことを売りにしてるので
後、プリパラ内で殺害された人間を出すことは絶対にないので…(現世界での殺人は禁じられているという設定につき)
それだけ人間の生死を深く考えてない人間だからこそ、プリパラのシステムを破壊すると平然と言えるだけの人間にもなるのかなーとも言い訳します。
・・・察しのいい方にはもしかしたら、気づかれたかもしれません。
「プリパラタウンは現世界ではないのか?なのにオメガがプリパラの世界を破壊することは許されるのか?」と。
これに関しては、プリパラタウンというかプリパラという場所についての設定の独自解釈があるんですが、実は許されちゃうんですよね。
理由についてはこれもまたいつか展開したいと思っているマイキャラ小説あたりでお話しようかな。独自解釈過ぎて納得されなさそうなのが怖いのでかけないっていうのがある(開き直れよ

長くなっちゃいましたが、正直まだ彼女に関しては語り足りない所がたくさんありますw
まだ実装してないフォームチェンジ含めてこれからもこの記事は随時更新されていくので逐一チェックしていただけたらありがたいです。

~了~


次回でマイキャラ設定まとめ記事シリーズも一旦の完結です。

20170115055752-horz

飛ばしていたアイカツ&プリパラの四女「キカイオー」についてのお話をしますよ~! 

C2h5udRVEAATRdo

ここまでの長文、お読みいただきありがとうございました~!!!

(2017年3月9日5時44分追記)
・→コメント返信
(追記終わり)