季節も10月で1年の節目ということで、新番組の始まりの季節になりましたねー。
今回は半年ほど前に書いた最近見てる(た)アニメや特撮の軽い感想」を淡々と書いていきますよー。
タイトル横についてる(終)は、放送が終了した作品です。

・機動戦士ガンダムUC RE:0096(終)

OVAほぼそのままの放送だったのでOVA版見てる人には特にこれといって語ることはないと思います・・・が、実は俺OVA版はEP7だけ未視聴でした。
つまり、EP7に当たる部分(第18話~第22話)からは完全初見でそういう意味では新鮮な視聴になりましたね。結末も難解に感じはしたものの、「機動戦士ガンダム」から続いてきた連邦とジオンの長い因縁に終止符が打たれ壮大なサーガが終わったような気分にさせられるのは、「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」を読み終えた時のような気持ちになりました。そういう意味では、満足は出来たかな~。
ただ、やはり過去作を知らないと分かりづらいというのは否めなく、ここからガンダム入った人にはこぞって不評だったのは当然の反応だなぁとTwitterの感想ツイートなんかを見てて感じたことでした。
元々前枠が打ち切られたことで急遽放送が決まった作品なのでしょうがないと言えばしょうがないんですけどね~。

・動物戦隊ジュウオウジャー

安定した面白さを誇っているとは思うものの、追加戦士のジュウオウ・ザ・ワールド登場から個人的に大きく熱が下がってしまいました。
ザ・ワールドの性格がどうも受け付けない。
あと、もうちょい敵として引き伸ばすのかと思いきやたった1話で寝返っちゃったあたりもいつも通りのマンネリ展開だなーと。
どこぞのアバレキラーさんなんて終盤まで引っ張って劇中5人名乗りしたのがわずか2回だったことを思い出して、「アバレキラーみたいになってほしかったなー」って気持ちが生まれました。

p3

姉妹作の仮面ライダーでも、ドライブの魔進チェイサーが同じような展開で仲間になっちゃいましたが(こっちはまだ話数結構引っ張ってたけど)、近年は主に販促の事情で追加戦士をずっと敵にさせる!って展開が難しいのかもしれないなんて推測してしまった。

driv277

ゴーカイジャーの共演回は意外性十分でした。
ゴーバスターズ以降の戦隊のゴーカイチェンジが見れるのは、プレミアムバンダイで玩具出してたからだよなぁ・・・とか汚い大人の事情を感じつつも、本編未登場だったデンジマンの大いなる力が見れたりEDのヒーローゲッターが最新版になったり面白かった要素もチラホラ。

Baidu IME_2016-10-1_13-5-42

という感じで熱が上がったり下がったりな感じですかねー。
草加鳥男やジューランドの秘密なんかが結構闇が深そうなので、今はその部分が楽しみですね。

で、バングレイは後何話で死ぬの?(暴言

・仮面ライダーゴースト(終)

1年間放送お疲れ様でした。
でもごめん、
俺にとって本作の視聴な苦痛極まりない1年間でした。

20160914023036

言いたいことはめちゃめちゃあるんだけど、本作の何がダメだったかって詰まるところ「難解な設定の引き出しが下手くその極みだった」っていうのが最大のポイントだと思う。
眼魔世界の設定やタケルの99日かけた眼魂探しがどういう風に繋がっていているのかっていう極めて重要な部分を少しずつ小出しでかつ抽象的に描いていたことで、理解してしまえば分かりやすいことなのに難解なお話にしてたのは素直に制作スタッフの未熟さに尽きるよね。
後、アランとフミ婆の過去やマコト兄ちゃんの親父やドッペルとの決着を本編以外の作品で描く、というのも不愉快でしかない。なんでこれ、本編でやらないの????

20151023014926

本編ではどうでもいいことばっかやって外伝は重要なことをやることで、ソフトにお金を出させるようにするっていう銭ゲバ商法か何かなの?鎧武外伝がヒットして見事味をしめちゃってる感あるよなーと。

ここまで素直につまんないと言える作品は久しぶりだった。平成ライダーはもう限界なんか?って気持ちにもなる。次回作のエグゼイドへの期待もあまり高まらない。

・魔法つかいプリキュア!

丁寧で堅実という印象は以前から全く変わっていません。
プリキュアで魔法使い!って部分以外はあまり攻める部分を感じず守りに徹しているというか。
ただ、第1部のラスボス「ドクロクシー」が傀儡のラスボスで更に上のラスボス「デウスマスト」がいるよ!っていう展開は意外や意外。そして3人目の追加戦士が二人を守り続けたはーちゃんという所からも、「ふたりはプリキュア」のオマージュが見えてきました。

最近のお話では、家族愛の部分が描かれている印象が強いです。ここもまた丁寧で感動しちゃうお話もチラホラと。みらい・リコ・モフルン・はーちゃんの4人は仲間というより家族って側面が強いのは過去作になかった魅力ではないかなーと。
今月末の映画版も楽しみです。もちろん見に生きますよ!

・七つの大罪 聖戦の予兆(終)

日5はしばらく離れていましたが久々に復帰。
今年の夏季の枠は極めて特殊な編成で、前半に「アルスラーン戦記」の特別編、後半に本作という過去作の外伝に徹した放送でした。
というかそもそも、春季放送の「僕のヒーローアカデミア」が1クールで早々に終わってしまったのが意外。ゲームや玩具をたくさん展開してるのに実際の放送はすぐ終わったもんだから、長期にかけて展開する気満々だよなこれ。
それはさておき七つの大罪はTVアニメ版だけ視聴しています。原作者の前作に当たる「金剛番長」が好きだったから見てみるかーくらいの気持ちだったんですがこれが面白い。
本作に関しては、、1期と今後放送予定の2期の間を繋ぐ外伝に徹していたという感じで、無理してみる必要にないくらいの主要キャラ達の日常が描かれているだけでした。
それでも久しぶりに雰囲気味わえただけでも良かったかなーと。気が向いたら原作買ってみようかな。

・ベイブレードバースト

20121229030627

俺の中で現在視聴してるアニメの中でのダークホース枠。

20121229030628

誇張抜きで、びっくりするくらい面白いですこの作品。

ベイブレードクラブとか本作だからこありえそうな設定とか「ワイのワイルドワイバーン」を公式がネタにしちゃう寒い部分とかツッコミどころも割とあったりするんですけど、試合の駆け引きなりキャラ達の成長描写なりがこれがとっても丁寧。小学生時代に狂喜乱舞していた初代こと「爆天シュート」時代よりそういう部分では勝っているとすら思えるレベル。
毎回の試合も「こいつが勝利したのは納得だ」と言わんばかりの素晴らしい試合の数々で、毎週目が離せない。

201608152120199a6

個人的には右京VS犬介戦が今のところお気に入り。

今更ベイブレードなんて・・・と俺の年代の人には思われそうだが、そういう色目をつけずに是非とも見てほしいと言いたくなる作品。毎週が楽しみでしょうがない。
一緒に遊ぶ相手が居るならおもちゃだって本当は買いたいんだよぉぉぉぉぉ!(血涙

・プリパラ 3rd season

面白さにムラがあるなーって部分は2nd seasonとそう変わらないかも。
個人的には序盤のらぁらがジュルルのことで困っていて周りに助けを求めるのに誰一人信じようともしなかったって部分は極めて不愉快でした。

似たような展開は度々比較作品として挙げられていた「ママは小学四年生」でもあったことなのに、何故ここまで俺をイラつかせるのか。
それは、やはり2期までで築き上げてきたメインキャラ達の絆って前提があるからだと思います。あんだけ仲良かったのに、らぁらが嘘ついて皆を騙すような女の子じゃないって知ってるはずなのにあの反応だったから中々にキツいものがありましたね。
でもジュルルの存在が露見して神アイドルを目指すためにユニットごとに熱い戦いを繰り広げるようになってかはら面白くなっていきました。

198de3c6

特に、ガァルマゲドン正式結成の第105話は俺の止まっていたプリパラ熱を加速させたレベルの傑作回だと思っています

現在はひびき・ふわり・ファルルのユニット「トリコロール」が大暴れ。そしてのんの結成する新ユニットの登場の予感がさせられたりと、後半戦に向けて目を離せない展開も中々に多いですね~。

・バトルスピリッツ ダブルドライブ

内容自体にそこまで不満はないんだけど、「二人で協力して悪と戦う!」っていうバディー感があんまり感じられないのは目に付くかなー。
てっきり「少年突破バシン」の頃にあったダブルバトルが復活するのかなって思ったら、シングルバトルしかしてないしなおのこと二人って部分の重要性が感じられないのが痛い。

十二神皇も中々に特徴的な能力の数々だったり新能力「アクセル」が出てきたりと、1年前の環境で止まっている俺にはだんだんついていけなくなっていたりもします。
それでも、久々の異世界もののバトスピと可愛いキャラ達見てるだけでまずまず満足できてるといったところだろうか。

・マクロス⊿(終)

Fがもう1回り昔の作品ってことにまず戸惑ったんですが、10年に1度放送されてるマクロスのTVシリーズの新作です。
本作は、かのロボットアニメならぬバンドアニメ「マクロス7」の系譜を受け継いだ作品ですが、歌うのはバルキリー乗ってではなくなんと生身の人間が戦場に出てという奇想天外な設定。
第1話でアイドルな服を着て戦場で歌うシュールっぷりは衝撃の光景だったのはまだ記憶に新しい。
ただ、それだけといえばそれだけで、Fの頃好きだったバルキリーでのバトル描写が薄くなってしまい、ワルキューレのアイドルアニメみたいな側面が強かったのはあまり好みではありませんでした。
まさにトレンドに合った作風なんでしょうが、俺の好みではなかったかな。
後、TV版Fと同じくメインキャラ達の関係性を重視して戦いの結末が曖昧なまま〆だったのは反省してねぇじゃん!と大きなマイナスでした。

BxPH4ktCQAAC00D

反面、たまーに過去作の要素がちょいちょい出てくるのは過去作好きな俺には良かったですね。具体的にはメインキャラの1人が死亡した時の追悼として「マクロス7」の名曲「REMEMBER16」をカバーしていたり、超時空~Fの歴史を振り帰ったお話があったりなどなど。



そのようなサプライズはありつつも、過去作のキャラは一切登場しなかった(出てきたのはマックスとミリアの娘のミラージュくらい)のも好感もてましたね。
決して評価するところがないわけじゃあないんですが、かと言って素直に好きとも言えないなんとも微妙な作品でした。数年後にやると勝手に予想してる劇場版に期待かな。

・アイカツスターズ!

プリパラ同様ムラがあるかなぁ。
名作だった劇場版の後に、まさか劇場版専用曲だったはずの「POPCORN DREAMING♪」が本編で使われるとは思いませんでした。これは最悪なチョイスだった。
類例曲と言える「劇場版アイカツ!」で書き下ろされた「輝きのエチュード」本編で一切使われることがない劇場版限定感を強く押し出していたのに、

Hdd2015-07-05-00h06m52s71

劇場版のゆめとローラの関係性だからこそ最高な曲だった
のに、劇場公開してすぐしないうちに即刻本編で使っちゃうのは、曲を大切していないと考えたくなるよな。

ゆめの持つ謎の力については未だに引っ張ってるあたり、1年かけてじっくりやっていくんだろうなと。
どんなものなのかは主にひめのセリフなんかで察せられる事案ではありますが、要は「自分の力量に見合わない力とどう向き合うのか」というのが今後のゆめの課題なんだと予想。
この力が何なのかって部分で、今後の作品の評価に大きく関わってくるのは間違いない。どうなることやら・・・?

image

・ウルトラマンオーブ

前作「ウルトラマンX」と違い斜め上な作品をコンセプトとしているらしい本作、成る程面白さも斜め上だ。

20151009210826

かつての過去作で強敵やラスボスだった怪獣がオーブの基本フォームに見せしめのように倒されていく様は過去作を知っていると悲しいという感情しか出てこない。
偉大な先輩の力を借りてる以上すぐ負けちゃうのは威厳がないっていうのは分からなくもないが、それは怪獣にだって言えることではないのか??????
このウルトラマンの過去の怪獣流用して過去の威厳潰していく姿勢は、反吐が出るほど不愉快です。いつになったらこの悪い風習は終わるのかな?
ほかにもガイやジャグラーはまだしも、SSPの連中やビートル隊の隊員といったメインキャラがことごとく必要性を感じない魅力の欠片もない連中ばっかりで、彼らのやり取りを見てるだけで苦痛です。
過去作にはないような特徴のキャラ達ではあるけど、異物感が強すぎるし物語上に大きな意味がありそうなのはヒロインのナオミくらいのものなのもいかがなものかなと。
何か既視感かと思ったら、これ「仮面ライダーウィザード」の凛子やチンプイみたいな戦わない晴人の仲間たちのそれと同じだよなーと。いるだけじゃあ意味がない。何かしら作品に必要のある要素のないキャラなんていたってただ異物としか感じないのかなっていう。

以上のような印象で、正直全然面白くないです。これがウルトラマン50周年記念作品って嘘だろ・・・っていうのは、Xの劇場版で感じたことと同じ。
強いて言うなら、サンダーブレスターの立ち位置はよかったなーくらいしか今のところ評価したいところがないです。

13397d92-s

ウルトラマンも怪獣も結局同じ暴力の塊じゃねーか!(要約 
ってガイに暴言吐くジャグラーにはスカっとしましたね。過去作からよく言われてることだし。
後半戦で好感度が上がってくれるか・・・?あんまり期待はできないがまぁ切らずに視聴していこうとは思う。

・逆転裁判~その「真実」、異議有り!~(終)

過去に漫画化や実写化もしていてライト層に割と知名度がありそうな気がする逆転裁判もついにアニメ化。
俺はGBA版の初代しかプレイしたことがなかったので、2以降の展開は本作で初めて視聴しました。
マックスギャラクティカさんの事件が個人的にかなりお気に入りでしたw

CpKfCT4UsAAa8KH

この人、何か既視感かな~ってうちのアイカツスターズのマイキャラの「アミバ」がこういう性格なんだよなぁとw
基本的には原作通りなんでしょうが、おそらくゲームと見え方とか事件の詳細の掘り下げ方は違うんだろうなーっていうのは何となく感じたことなので、ゲームの方もレトロフリークにでもいれてプレイしたい所。
ところでこのマックスギャラクティカさんって再登場するんですかね?w


-------------------------------------------

以上、淡々と軽い感想まとめていきました!
こういう形だとすぐ更新できるから定期連載シリーズにしていこうかな。
そうなると次は半年後の更新のはず。

20070927012644


(2016年12月20日6時4分追記)
・→コメント返信
(追記終わり)