(※今回は対話オンリーの記事でSSみたいなもんです。完全なる内輪ネタ+ブログの作劇の進行上入れざるを得ない記事なので、興味のない方はスルー推奨。)

前回までのあらすじ:いつものように仕事を済ませたシャオとアシスタントの3人。キラキラッターに戻ろうとしたその矢先に、謎の女の子が立ちはだかって・・・!?

Baidu IME_2016-7-20_5-40-38
????「ゆうゆう殿、お久しぶりです(*`・ω・)ゞ」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(私のことが見えるの・・・!?) 

Baidu IME_2016-7-30_7-56-53
「・・・もちろん、見えてますぞ。小生は人間じゃあありませんからね。
地縛霊を認知するくらい、どってことはないのです

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(じ、地縛霊・・・( ;∀;))

Baidu IME_2016-7-30_7-57-22
「ゆうゆう殿、話には聞いておりましたが本当に亡くなってしまったのですな・・・。
小生が最後にプリパラをしていた時はまだまだ現役だったのですが・・・お悔やみ申し上げる。



Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(ううん、久しぶりに会えて嬉しいよ~)

Baidu IME_2016-7-20_5-39-26
シャオ「シャリオ、まさか君がここに来るとは・・・。

IMG_20160716_0004
シャリオ「いやぁ、パラ宿から幾星霜走って駆けつけましたぞ。
何やら面白いことをしているようではあーりませんか、シャオ殿!

CioJYFxUUAEP5Aj
「うん。今ブログに俺のアイカツスターズのマイキャラ3人を呼び出して盛り上げてもらっている。」

Baidu IME_2016-7-20_5-40-38
「そのブログ盛り上げ活動この朝来シャリオも入れてはくれませぬか!?

CioKiq4UkAA3xr5
「え!?」

IMG_20160716_00042345
シャオ殿のマイキャラ、という点で言うなら小生だって満たしているはず。
シャオ殿の力になりたいのです。

CioKiq4UkAA3xr5
「い、いやそりゃそうなんだけどさ・・・最初は君も加えようと思ってたのよ。
でも、プリパラ全然やってないのにマイキャラの話だけ一人前にするのかよみたいに思われるのが嫌で・・・

Baidu IME_2016-7-16_1-55-43
プリパラなら今楽しくプレイしていると前回お話していたではありませぬか!

Baidu IME_2016-7-20_5-38-45
「確かに・・・」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(シャオるん、いいんじゃない?シャリオちゃんも仲間に入れてあげても)

Baidu IME_2016-7-20_5-40-38
「ゆうゆう殿の言うとおりですぞ!
むしろ、小生もブログに呼び出して頂ければ、プリパラのプレイ意欲も上がるかもしれませんぞ~!

Baidu IME_2016-7-20_5-38-45
「う、うーん・・・でも3人が納得するかなぁ。」

Baidu IME_2016-7-30_8-0-43
「それはニュータイプコーディネーターイノベイターXラウンダー阿頼耶識な小生の話術なら、他の方々も納得させることが出来ること間違いなし!」

CioJYFxUUAEP5Aj
「どんだけガンダムパイロットとして適してるんだよそれ!?」

IMG_20160716_0004
「プリパラ中たまにSEEDが発動しますぞ!」

Baidu IME_2016-7-20_5-39-26
「しないから!」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(私はシャリオちゃん仲間に入れるの賛成かなー)

Baidu IME_2016-7-20_5-38-45
「なんで、ゆうゆう。あんまり増えすぎると読んでる人が戸惑うんじゃ…」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(私はあの3人には見えないし認知されることはないけど、私を知ってるシャリオちゃんに3人のことしっかり見守ってほしいなって)


Baidu IME_2016-7-20_5-39-10
「ゴメンな、寂しい思いさせて」

Baidu IME_2016-7-30_7-56-53
「噂には予々。何でもゆうゆう殿に娘さんがおるとか聞きました」

20160630070904
20160614055523

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(そうなの。義理だけど、愛する我が子だよ。)

Baidu IME_2016-5-10_5-17-21
「その娘2人がこのブログの専属アシスタントやってたりする」

IMG_20160716_00042345
「なんと、そういうことだったのですか!
だったら是非ご挨拶もしたいし仲良くもしたいですぞ。」

CioJYFxUUAEP5Aj
「うーむ…そっか。分かった。
あんまり人増やしても読者は戸惑うかも知れないけど、話の幅が広がることと君の熱意に応えて。
今回を以て朝来シャリオ、君もこのブログの専属アシスタントに任命します!!!!

CnE1EO5UcAE2unM

Baidu IME_2016-7-20_5-40-38
「や、やった!!!!第3部完!!!!」


Baidu IME_2016-7-20_5-39-26
新手のスタンド使いかよ!?終わってないから!」

Baidu IME_2016-7-20_5-41-0
「ありがとうございます!!!小生も微力ながら力になりますので、どうぞよろしくお願いしまする。

Baidu IME_2016-7-20_5-39-10
「こちらこそありがとう。ゆうゆうの代わりにあの3人のこと、見守ってあげてほしい。

Baidu IME_2016-7-20_5-41-0
「Yes,my lord!」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(私からもお願い。シャリオちゃんならきっと3人と仲良くできるよ!)

IMG_20160716_0004
「喜んで。ゆうゆう殿とは生前仲良くしてもらったお礼をどうしてもしたかったので。
ただ、時空の歪みを説明するのは面倒なので、3人にはゆうゆう殿の旧友ということは触れないようにします。

CioJYFxUUAEP5Aj
「ややこしくなるからそれは好都合だね。
よし、じゃあ早速3人に紹介しよう。」

Baidu IME_2016-7-20_5-40-38
「どんな人たちなんだろうなぁ~。ダグオンの竜みたいな人なら小生惚れるでござるよ」

Baidu IME_2016-7-20_5-39-26
「3人とも女の子だよ!」

Baidu IME_2016-2-28_17-41-48
(3人はどんな反応するかしら…?次回に続きます!)

To be continued…?