(※今回は穏やかではない内容が多大に含まれています。閲覧は自己責任でお願いします。)


※今回は10月28日のお話です。) 


まずはいつものお話で入手カードとランクから。


・今回の収穫


image


10月28日排出分。
新規入手カードは1枚。
ブルーシャワートップスきました!残すところシューズのみ!
16年1弾コンプまで残り19枚


image
image
image


アマゾン駿河屋他で購入しましたシングルカード。
プレミアムコンプのため、現在13年1弾の古いカードから未入手のものを随時購入しています。
・・・が、早速購入しました13年1弾のプレミアムの「オーロラキス」コーデと「天の川コズミック」コーデ、両方ともどの通販サイトでも結構なお値段しますねぇΣ(|||▽||| )
まだ全部調べたわけじゃあないんですけど、他にも特に高いと感じるのは13年3弾の「ゴスマジック」コーデ。
さすがロリゴシ+ユリカの組み合わせなだけにこれは歴代最高のレートついてるプレミアムのような印象を受けます。
特にアクセのゴスマジックハットは400分の1アクセの羽衣プリンセスティアラやキャンディハウスプリムにも引けを取らないw

まだ頼んだもの全部届いたわけじゃあないのでオーロラキスも天の川コズミックも未完成ではありますが、後々残りのパーツは届きます。


後は揃ってないWMのドレスをちょこちょこと、制服カードの方を。WMフラワー誰か俺と一緒に見ようぜ(提案
ここらもシングルなんかじゃあ全然見かけないカードですね~。
制服シリーズは残りスターライト夏服とスターライトジャージのキュートと姫桜女学院が揃えばコンプだ!
だがしかしスターライト夏服は全然見かけねぇorz 
CD付属のプロモだったみたいだから、いっそのことCD買っちゃう勢いかもしれない


image


本日発売、第4期OPEDのシングルCD「START DASH SENSATION/lucky train!」付属の「マリーンストライプワンピ」!
早速買ってきました!アイカツのシングルCD買うのは今回が初ですね~。曲を聴くのが楽しみだ(´∀`*)
後このカード、対応するシューズがエレガントアメジストサンダルとちょうど所持してるカードだったからラッキーo(^▽^)o
次回のプレイで使っちゃうゾ!


・進捗


image


前回からあまり進まず。
本当は今日でランクを70にまでするつもりだったんですが・・・。



さて、ここからが本題です。
もう一度書くけど、とても不愉快な思いをする話かもしれませんので、閲覧注意でお願いします。













・アイカツ親子の闇



本日の20時頃、アニメイトでCDを購入した後、バイト帰りによく行くゲーセンでいつものようにアイカツをプレイしていました。
俺が2回目のクレジットを投入したあたりでしょうか。
親子連れの人が、隣の筐体でプレイを始めたんです。
ちなみに、その親子初めて見る人ではありませんでした。
以前俺が参加したアイカツの大会に親子共々エントリーしていた方で、その後も何度か見かけたことがあるのであちらも俺の存在は認知していたと思います。
まぁ、その何度か見かけていた時は特にこれといってコメントするようなこともなく普通にプレイしていたんですが・・・。

俺が内心2828しながらうちの子を楽しく撮影していた横で・・・。



「おい!!!!!お前、なんでそんなスコアボロボロなんだよ!!!!!やる気ねーのか!?ああああ!?」



という、ものすごい怒声が。
横を見ると、お子さん(以下娘さん)がプレイをしていて、その横で携帯で撮影しながらプレイしている母親(以下クソババア)がいました。


娘さんは最初、
「やる気あるから!頑張るから!」
と必死に反論していました。
しかし、内心親に対してひどく怯えているようにも俺には見えました。
最初は熱心な親子だなぁくらいの気持ちにしか思えなかったんですが、だんだんクソババアの怒鳴り声はエスカレートしていきました。


「お前目見えてんのかよ????やる気ねーだろ!ふざけんじゃねぇぞ!」



「やる気ねーならお前のカード全部取り上げるぞ???いいのかそれで???おい!!!!!!」


横で聞いている俺は怒鳴り声の不愉快さに内心「うるせぇぞクソババア!ぶっ殺すぞ!」くらいの文句でも言ってやろうかというくらいの怒りに駆られました。
・・・・だが、ゲーセンでトラブル起こして警察沙汰になってしまえば出禁を始め面倒な問題になってしまう・・・。
俺は己の保身のために、何も言えまえんでした。
いえ、トラブル回避のために言うべきではないと判断しました。


何度も怒られて辛かったのか娘さんはついに涙を流してアイカツをプレイするという、信じられないような光景を俺は目の当たりにしました。



ちょっと待ってくれよ。やめてくれよ……。
なんで、隣で同じゲームしてるのに。
こんなにも楽しくてたまらないと俺は思ってやまないのに。
君はなんでそんなに、悲しい顔をしているんだ?
なんで楽しくないものをそんなに必死にプレイしてるんだ?


それはアイカツが楽しいんじゃなくて。


そこのクソババアの思い描くプレイングを強いられている。

ただそれだけなんじゃないのか?



隣でやっている俺までとても悲しくなってしまいました。
何も言ってあげられない己の無力さと、アイカツをやっていて悲しい気持ちになっている光景を目の当たりにしてしまった。
俺は当初の予定の5分の1程度のプレイしか出来ませんでしたが、即座に辞めてその場を離れました。


この親子は、以前大会に出ていたことから察するに、大会で勝つためにアイカツ道場あたりの練習をしていたんじゃないかと思ったんですが。
俺が筐体を確認した限りプレイしていたのはラブリーキャンディコレクションで、アメ集めをしていただけでした。
ただの期間限定イベントでアメを集めるのにここまでボロクソ言ってるのも並大抵の神経とは思えない。


そういえば、ちょっと前のテレビの特番で一般人VSプロの歌手によるカラオケの全国No.1決定戦みたいなものが放送されていました。
その時に出場していた一般人代表の選手(中学生)に毎日親子でカラオケに行って、99点台がでなければ母親がブチギレ、中学生の選手の方は毎日泣く思いをして練習していたなんて話をしていたことを思い出しました。
「なんでこの親子そこまで必死なの」とか、「親が頭おかしい」としか俺は全く思えなかったんですがそれはおいとくとして。

この親子も、もしかしたらそれに近いものがもしかしたらあったのかもしれません。
アイカツで上を目指すためにお互いに協力して何かをなし得ようとしている。
ポジティブに見るならそういうことだったのかもしれませんね。でも、俺にはそういう風には一切見えなかった。
何より、娘さんがクソババアの怒声を聞いて「頑張ろう!」っていう気持ちになるどころか、怯えて逆にプレイングがおぼつかなくなっていてどんどんクソババアの怒りが盛り上がっていたという点が上記のカラオケの話と違っています。
これじゃあ、母親が一方的に怒鳴り散らして、やりたくもないものを娘さんが一方的にやらされているだけ。俺にはそんな風にしか一切見えなかったんですよ。
仮に違うのだとしても、この親子のアイカツのプレイの仕方は絶対に普通じゃない。


俺はなんでアイカツをやっているのか?
それは楽しみたいから。
俺は自分のマイキャラちゃんと会いにいくためにプレイしているようなものだと解釈しています。アニメのキャラクターは数える程しか使ったことありませんしね。
アイカツに限らず、ゲームってものは楽しいからプレイが続くんだし、上手くなりたいって気持ちになるものんだってのは俺が幼い頃からプレイし続けている持論です。

この親子はどうでしょう?少なくとも俺が見えている限り娘さんは決して楽しそうにプレイしているとは言えるものではなかった。
親がゲームに対してここまでうるさく言うなんて俺の家族では絶対ありえない光景なだけに、そこだけでも驚きではありますが、親が口出しすることで楽しいものもつまらなくなってるなんて絶対におかしい。
後、周りを不愉快にさせるようなことをしているっていうこともおかしいんですよ。
おいババア、てめぇはそんなでけぇ声出して普通だと思ってんのか?

それが自宅だってんならならまだしもよぉ、不特定多数の人間が入り浸るゲーセンでそんなことが出来るなんて、頭おかしいんじゃねぇのか?
何をそんなに必死なのかは知らねーけど、楽しむためにやっているゲームを辛いものにさせてるなんてどう考えても異常だと思わねーのかよ???
なんでそんなことができるんだよ????


てめぇが思い描くプレイングがしたいならてめぇが勝手にやれよ。
娘さんに無理やりやらせてんじゃねぇよ。


ああくっそ、胸糞悪いな。おいババア、頼むから死ねよ。
氏ねじゃなくて死んでくれ。
そして俺はお前という存在を俺の胸に刻んでやるよ。絶対忘れない。
そしてこれから先死んでも生まれ変わっても未来永劫絶対許さねぇ。
二度と俺にその汚いツラ見せんじゃねぇ。もう一度言うけど死ね。




…………口が悪いのは承知の上です。申し訳ない。
俺は直接本人に言えなかったから、この場で言いたかったことを書いている。それだけです。
このブログは「書きたいことを書きたいように書いていく」場所だからね……。
こんなことに何も意味がないなんて俺が一番よく分かっています。
だけど俺は同時に、あの娘さんに謝りたい。
偶然居合わせただけとはいえ、俺には何もできなかった。
だからせめて、俺の懺悔をここで書こう。

君が本気でアイカツをプレイしてて辛いのであれば。

勇気を出して、やりたくないってあのババアに言ってほしい。それを強く願う。
………だって、俺はこんなに楽しくてたまらないアイカツに、君は涙を見せてプレイしていただろ?
そんな姿を見せてまで絶対にやるもんじゃあねぇよ。所詮は娯楽なんだから。
俺はそんな娯楽に命をかけてると自負するしあのババアもそうなのかもしれないけど、君は辛いってことはそうじゃないってことだろう?
悪いことは言わない。あんなキチガイの言うことなんて聞く必要はない。
君自身の本当の気持ちに向き合ってほしい。



………言いたいことはこんなところでした。
ちなみにこのゲーセン、15年6弾の時店員の態度が非常に悪くて不愉快な思いをした場所でもありました。
今回店側は全く悪くないですが、同じ場所で2度も嫌な気持ちになったので、俺は今後一切このゲーセンには行かないと今回決めました。
バイト帰りに寄れる・撮影環境に適しているっていう魅力はあったんですけどね・・・残念です。
そしてあの娘さんが、今後楽しくアイカツをプレイできることを強く願います・・・。


image


(2015年10月29日18時22分追記)
コメント返信
(追記終わり)


(2015年10月31日13時01分追記)
コメント返信
(追記終わり) 



(2016年3月9日19時58分追記) 
後日談及び補完記事を更新しました。上記の内容の事実と食い違う部分もありますので、この記事を最後まで読んだ場合必ずお読みください。
(追記終わり)